加齢臭を自分で確認する3つの方法

公開日: 

1352161568

加齢臭は自分では気づかないという人もいますが、自分じゃわからないのに臭がられるのは最悪です。

加齢臭予防のためには、臭いが出ているか自分で気づいていきましょう。

スポンサードリンク

室内から屋外に出ると加齢臭が分かる

ひとつの空間から、別の空間へと移動することで、自分の加齢臭がどんな臭いかに、気づくことがあります。これは慣れきった部屋の臭いと、外気の臭いが異なっているためです。換気もせず長くオフィスにいると、加齢臭に慣れてしまうので気づかないことがあります。

逆に外にいたのではわからないけど、室内に入ると分かるという人もいます。だから定期的に空間を移動することで、自分の加齢臭の確認ができるでしょう。

加齢臭はこすって嗅いでが基本

加齢臭の予防に必要なことで、一番かんたんなのは、手で触って臭いを嗅ぐことです。触る部位は耳の後ろ、顔面など加齢臭が出ているポイントです。手でただ触るだけじゃなくて、こすってみると手に加齢臭が付着しやすくなります。

そうした加齢臭発生ポイントは、常に把握しておくことが大切です。発生ポイントがわからず、ただいつもシャワーを浴びているだけだと、緊急的な対応ができないからです。

軽度の加齢臭なら問題は少ないでしょうが、濃厚な加齢臭だと分かったらケアする方法はいくらでもあります。石けんで洗う、デオドラントシートを使うなどです。

いつも自分の加齢臭にはまったく気づかないという人は、確実に毎日何度かこすって確認しましょう。

人の反応で加齢臭チェック

これは勇気がいることですが、加齢臭が出ていると猛烈に反応をする人がいるのでわかりやすいです。

同じ部屋にいたり、エレベーターに乗ってみたり、お店のレジに並んでみたりするだけで気付かされるでしょう。

このときに気をつけたいのは人によっては、わざと攻撃的なことをいったり、咳を聞かせてきたりもすることです。攻撃されないためには、親しい人に頼むということもできます。

機械によるチェックだと、正確な数値がでないことがあるのでおすすめはできません。

悩んでいる中でチェックをすると、精神的ダメージが大きいこともあるので注意が必要ですが、試してみる価値はあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑