やる気が出ない…イライラする…。これ老ける原因です。対策は?

公開日: 

男50歳というと、「やる気があって活力に満ち溢れている男」と「枯れて棺桶に片足を突っ込む男」との分かれ目だと思います。

芸能界を見てもそうです。50歳を境に2つのタイプに分かれていく気がします。

先日、さらばあぶない刑事を見に行きました。
saraba-abunaideka
舘ひろしさん(65)、柴田恭平さん(64)、共にカッコ良いです。そして、凄く若いですよ。落ち着いていて活力に満ち溢れています。

ドラマでは、舘さんは若い女性と婚約した設定になっていましたが、絵になっていました。惚れ惚れしました。舘ひろしさんや柴田恭平さんみたいな年の重ね方をしたいですね。

そこで、僕なりに、やる気に満ち溢れた50代を過ごす秘訣を研究してみました。

まず、老化が進む原因が1つ分かりましたので報告します。

それは、毎日を楽しまないで、イライラしていることです。

これを続けていると、どんどん老けていくようです。

「嫌だ~」と思うことを続けていると、精神的ストレスが溜まっていくので、苦しくなったり、嫌な思いをすることが多くなります。

そして、嫌なことをやっていると、人間関係のトラブルも多くなります。

毎日、だらだらと嫌なことを続けていれば、心がすさみます。ちょっとしたことでもイライラし、まわりの人や家族にも、トゲのある言葉を投げつけたりしがちになります。

すると、人間関係の溝が生まれ、自分に対しても優しくなれずに、つい厳しい見方をしてしまいます。ますます心がすさんでしまい、悪循環にハマります。

逆に、毎日ワクワクし、楽しんでいると、ホルモンの働きも活発になり、若さをキープできるようです。

僕は、50歳になった時にSNSを始めてみました。これが良い刺激になりました。

新しい人、とりわけ女性とコミュニケーションが出来たことで毎日が楽しくなりました。

男50歳ともなると、嫌なことも沢山あります。しかし、嫌な事をだらだらと続けていると、負のスパイラルに嵌って、早くに老けてしまいます。

負のスパイラルに嵌る前に、ワクワクしたり、刺激的な事を取り入れていくことが、男の活力をキープする秘訣なのだと思います。

60半ばになった時に、舘ひろしさんや柴田恭平さんみたいになっていたいですね(^^♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑