50代男にとり、階段は最高のトレーニングジムです。

公開日: 

階段をバカにしては行けません。

50代になって階段の凄さを感じています。

僕は、若い頃はアスリート系だったので、日常生活の中に運動がありました。

週に数回はジョギングへ行っていましたし、テニスや野球をしていました。冬はウインタースポーツへも出かけていました。

40代くらいから徐々に運動する機会が少なくなり、50代になってめっきり減りました。

すると、知らない間に体が弱っています。

「あちこちが痛い~」というのも筋力が落ちたのが原因のようです。

何かをするとすぐに疲れたり、重いものを持つのが苦になったり、ちょっと動くと、腰痛や関節痛を感じます。

また、仕事をしていても、パソコンや車の運転をすると、肩こりや首こりを感じます。

「俺の体、どうしちゃったの?」という感じです。

そんな時に始めたのが階段トレーニングです。

積極的に階段を使うという、とてもシンプルなトレーニングです。

今は階段が最高のトレーニングジムになっています。

スポンサードリンク

ご存知ですか?

1日5分階段を使うと40カロリーを消費します。

それに、運動習慣のない方にとって、階段を上り下りする動作でも十分に筋力トレーニングになります、

特殊は動作ではないですが、筋肉のつきやすい体に変わって、基礎代謝が上がります。

体を鍛え直すなら、積極的に階段を使うことです。

また、階段1段分を使ってスローステップすれば、かなりの筋トレ効果を感じると思います。

スローステップとは、階段を上り降りる簡単なエクササイズです。

メタボ解消に最適です。

踏み台があれば、室内でも運動ができます。

50代男が生涯現役でいるためのまとめ、

50代になり体力が落ちたと感じたら、

1、積極的に階段を使う

2、スローステップのエクササイズを行う

です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑