体施(たいせ)・物施(ぶっせ)・法施(ほっせ)で悟りを開く

公開日: 

man03_150
最近、知った悟りの開き方を紹介します。

それは、体施(たいせ)・物施(ぶっせ)・法施(ほっせ)の3つです。

この3つを実践することで神意識が宿ります。

体施は体を使って徳を積むことです。

といっても難しく考える必要はありません。

徳を積むとは、良い行いを実行すれば良いことです。

具体的にいえば、人に役に立つということです。

手っ取り早いのが仕事ですね。

自分が利益をを得る、あるいは、給料を貰うという目的は二の次以降し、商品やサービスを提供する方に役立つことを第一目的とすることです。

また、ボランティアや人助けも体施です。

自分の慾を徹底的に捨て、相手のために奉仕することが体施です。

体施を徹底的に実践していると、物施(ぶっせ)が訪れます。

物施とは、神様から支払われる給料のことです。

存在給といっても良いと思います。

貴方の存在に対する給料です。

ある日、神様が大金を持って自宅へやってくる夢を見たら、現実の世界でも大金が入ってきたという話を時折耳にします。

僕も体験しました。

物施まで行くことが1つの目標です。

それまでは、体施を徹底することです。

とにかく禊まくることですね。

禊のポイントは執着を捨てることです。

執着を手放し続けると、物施が訪れます。

そして、最後が法施です。

自分の体験を他人へ伝える仕事です。

ここまでやるのが1つの神業ですね。

その時は、悟りを開いていることとなるのでしょう(^^♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑