心の穴が埋まらない?それで良いのだ!埋めようとするな!

公開日:  最終更新日:2017/06/30

1352161597
最近の僕の学びは、心の穴を埋めないことです。

どうやら、心の穴を満たすと、ドツボに嵌るようです。

心の穴は埋まらないもののようです。

どういうこと?

ここ1年色々なことがありました。

チョモランマ登頂に例えるなら、八合目くらいまで登り、急に天候が悪化したような感じでした。

なんとか凌ごうとするも、前が良く見えない上、突風が吹き、足元を踏み外してしまいました。

今年の6月、7月頃は最悪でしたね。

人生の地獄を見ました。

でも、今は少し落ち着きました。

新しい道が見えて来ました。

今、大切にしていることが、心の穴を埋めないということです。

人間誰しも心に穴が開いています。

なぜか、開いています。

もともと開いています。

開いているのが人間なのかも知れません。

心の穴が開いていて自然です。

もともと空いているものだし、埋める必要はないもののようです。

しかし、人間は、寂しさや不安や物足りなさから、その穴を埋めようとしてしまいます。

ここが誤ってしまうところです。

落とし穴があります。

心の穴を埋めようとすると、ドツボの嵌ります。

異性で埋めようとすると、異性に遊ばれます。

本当の愛ではなく、偽りの愛を引き寄せます。

お金で、心の穴を埋めようとすると、無駄なお金を使って金運を落とします。

面白いようにお金がなくなります。

友達でも埋まりません。

物でも埋まりません。

とにかく心の穴を満たすことはできないようです。

スポンサードリンク

心の穴は埋まりません。

絶対に埋まりません。

そういうもののようです。

埋めようとすると偽物に捕まります。

そして、地獄へ引き込まれます。

仕事、恋愛、結婚、友達、家庭、趣味など、何かで心の穴を埋めようとしているうちは、本当の幸せや充実感を得られません。

最近、心の穴を埋める行為を止めました。

埋めようとする自分を発見すると、その行為を捨てます。

自我を折り、慾や不安を捨てる作業をして来ました。

つまり、洗心(邪心を祓って魂の浄化)をしてきました。

今、少しずつ、心の穴を埋めないという秘訣が分かってきました。

そして、気が付いたことがあります。

心の穴を埋めないという作業の先に、「あるがままに生きる」という世界があるということです。

あるがまま、ただ在るという世界がそこにあるようです。

どうやら、そのようです。

■関連記事

>>心の穴を埋めないでいると、災難はさっさと去って行きます。

どうしても心の穴が気になる方は、イメージの手で自分の心の穴に触れてみると良いですよ。

どの位の大きさなのか?

どんな形をしているのか?

いくつあるのか?

心の穴に触れると、不思議と気持ちが落ち着きます。

マイナスの気持ちが解消されます。

心の穴は埋めてはいけません。

心の穴が開いているのが人間です。

そのままでいいんですよ。

最後に、

心の穴には、運命の人を繋ぐ役目もあるような気がしています…。

相手に依存することなく、あるがままに生きる男女こそ真のパートナーになれるということなのでしょうか。

また、心の穴は埋めるものではなく、パートナーそのもののようにも思えます。

自分に持っていないものをパートナーが持っているということなのかも?

自分とパートナーを合わせて「完全」ということなのですかね?

凸と凹がぴったり嵌るということなのですかね?

無いものを補って、力を合わせて、目の前の大きな試練を乗り越えると、その先にユートピアがあるということなのでしょう。

そんな気がします。

心の穴を埋めようとしない方が、人生は上手く行くようです。

寂しさを感じたら、ぐっと我慢をして、そのまま、そのまま、心の穴が空いたままにしておきましょう!!

はばないすでえ(^^♪

■関連記事
>>心の穴埋める、枯れた男になるな!!男の心の埋め方とは?

男も女も心の穴を感じます。お互いにそこを埋められたら良いですよねー。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑