ノネナールを減らすのがポイント、50代の加齢臭対策

公開日: 

1352161597
50代にもなってくると体の変化がたくさん起こってきますよね?

その中でも男性は加齢臭に悩まされている人が多いです。

なぜ、年齢を重ねてくると加齢臭が出てくるのかという原因と対策方法をお教えします。

まず、加齢臭の原因となるのはノネナールという物質が関係しています。

ノネナールとは脂肪酸と過酸化脂質が結び付くことで生じる物質の事です。

40歳以上になると、脂肪酸と過酸化脂質がどんどん増えていくことで年齢を重ねると加齢臭が出ます。

このノネナールを増やしてしまうと、どんどん加齢臭がきつくなってしまいます。

加齢は仕方のないことなので変えることはできませんが、生活は今からでも変えることが出来ます。

では、加齢臭を対策してニオイを抑えるにはどうすればいいのでしょうか。

加齢臭を減らすということは、ノネナール物質を減らすことが一番の加齢臭の対策方法です。

まず、簡単なところから対策をしていきましょう。

スポンサードリンク

ノネナールを綺麗に落とす

ノネナールは水溶性の物質なので、ボディーソープで綺麗に体を洗えばそれだけでノネナールを落とすことが出来ます。

しかし、ゴシゴシ洗っている方が多いですがそれは余分な皮脂を分泌させることになるので絶対にやめてください。

一番良い洗い方は、十分に泡立ててから優しく肌に当てるようにしてください。

こう洗っていくことで、ノネナールを落とすことが出来ます。

食生活を改善する、バナナやニンニクが有効!!

次の対策は、抗酸化作用のある食品を多くとるということです。

ノネナールの活性酸素を抑えて発生を防ぐには、抗酸化作用のある食品をとることが良いです。

抗酸化作用のある食品とは、バナナやニンニク、ショウガなどです。

バナナは、抗酸化作用がどの食品よりも高いとされてますので必ず食べるようにしてください。

ニンニクやショウガは、体の酸化を防ぐ成分が入っていますので食べましょう。

食生活を変えたり、入浴時に体の洗い方を工夫したりすることで加齢臭を対策することが出来ます。

生臭い臭いがする場合の対処法

加齢臭の臭いには色々とあります。

脂っぽい臭いや古本の臭いがすると言われています。

また、生臭い臭いがする場合もあるようです。

私の場合、この生臭い臭いも混ざっていました。

そして、最後まで取れなかったのが、この臭いです。

生臭い臭いの原因は、内臓の疲れのようです。

特に、お酒を飲む方に多いようです。

要は、若い頃は、寝ている間にお酒を分解できますが、解毒力が落ちたのが原因です。

その場合の加齢臭対策は、とにかく減酒です。

そして、食生活や睡眠に気を付けて、内臓を元気にすることですね。

内臓の機能が戻ってくれば、生臭い加齢臭も徐々に消えて行くと思います。

体の内側から掃除することが、加齢臭対策のポイントです。

また、消臭サプリも有効です。

加齢臭が気になる方は、試してみると良いと思います。

加齢臭で悩んでいる方は、ぜひ一度試してみてください。

■関連記事

>>加齢臭、生臭いにおいを消した【50代男の体臭対策】

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑