ノネナールの発生を抑えるには、どうすれば良いのか?

公開日: 

1352161568
年齢的に生活習慣や食生活など気をつけていても、仕事が忙しくなり不規則な生活になると加齢臭がきつくなってきます。

特に夏になり汗をかく頻度が多くなると、周囲に迷惑をかけてしまうその前にできるだけの事は対策しようと思います。

まず加齢臭とは脂肪酸と過酸化脂質が結びつき「ノネナール」という加齢臭の原因物質が発生することにより悪臭が放たれます。

どんな臭いかというと、脂っぽい臭いです。時には、生臭さが伴います。

なんとも言えない嫌な臭いです。

スポンサードリンク

脂肪酸を摂らないようにし、ノネナールの発生を抑える

脂肪酸は文字のとおり脂肪を多く含む食品を摂取することにより発生が過剰に促されてしまいます

過酸化脂質は活性酸素と大きく関係しており、ストレスを感じたとき喫煙、運動不足や過度に栄養を取りすぎた時(食べ過ぎ)などに過剰に促されます。

ですので、まずは仕事が忙しくストレスフルな状態でも

・できるだけ軽い運動をしてストレスを発散させる

・食生活も野菜多めで脂肪を多く含んでいるものは少量にする

事が加齢臭の原因「ノネナール」の発生を抑える事につながります。

次に着ている衣服ですね。

いくら体のケアをしていても「ノネナール」の発生をまったくなくすことはできないので衣服をしっかり洗浄できていないと蓄積されて、悪臭の原因となってしまう場合があるので要注意です。

洗濯に関しては

 ・お風呂の残り湯などでお湯でつけ置きをしてから洗う

 ・洗剤は殺菌効果があるものを選ぶ

 ・洗濯物をためない、頻繁に洗うようにする

以上に気をつければ悪臭の原因になる恐れは少なくなるかと思います。

そしてもちろん加齢臭を発生される体の部位は頭部、耳の後ろ、首回り、背中、胸元、脇を重点的にしっかり洗うこと、加齢臭対策のシャンプーやボディーソープを使うことで他人に迷惑をかけるような悪臭は抑える事ができると思います。

最後に要約すると

・加齢臭を抑えるには脂質を抑えた食生活や適度な運動                      

・着ている衣服にも気を配る                                  

・そして最終的に加齢臭に効果のあるシャンプー類を使い匂いを軽減させる

自分自身が日々少しづつ気をつけて過ごすことで、家庭や職場の人間関係も良好に保つことができると思いますので、年齢を重ねるにつれ気を引き締めていこうと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑