50代、加齢臭が気になるようになった…。原因は肝機能の低下?

公開日: 

A middle age man yelling and pointing during an argurment. Anger Managment???

50代になって加齢臭が気になるようになりました。

服を脱ぐ時、汗をかいた時、枕の臭い、車のシートの臭いなど、自分の臭いが気になるようになりました。

肉中心の食生活をしていると、体臭が強くなるともいいますが、僕の場合、野菜中心の食生活です。

なのに、なんで加齢臭なのか?

主原因は肝臓機能の低下でした。

昨年の健康診断で、脂肪肝と診断されました。

肝臓に脂肪が溜まり、肝機能が落ちる症状出ました。

肝臓には体内の毒素を浄化する役割があります。

しかし、私の場合、肝機能が低下したために体内の毒素を処理しきれずに、血液中に残ってしまっていたのだと思います。

だから、汗をかくと、毒素が一緒に体外へ出て臭ったと考えられます。

お酒を控えて脂肪肝を改善してみると、不思議と加齢臭も感じなくなりました。

クンクンと自分の臭いを嗅いでも、爽やかな感じです。元に戻りました。

スポンサードリンク

男の体臭を防ぐには?

体臭を防ぐには、まず清潔が一番です。

汗はすぐに拭きます。

お風呂は毎日入るのが基本です。

また、体臭は食生活を密接に関わっています。

肉や乳製品を多く食べると、臭いのもとである脂質の分泌が増え、発汗作用も高まります。

こういった体臭の発生源を断った上で、加齢臭の場合は、肝機能の低下を防ぐとも重要なんですね。

50歳を過ぎたらお酒も控え気味にして、肝臓の働きにも注意することですね。40代までとは違います。

臭いオヤジはモテませんよ。

男は女性よりも体臭が強いのに、臭いに気付きにくい傾向があります。

加齢臭には気を付けましょう(^^♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑