知らなきゃ損、軽いぎっくり腰を治す秘訣

公開日: 

man02_150
昨日、仕事仲間がぎっくり腰で仕事を休みました。

電話で様子を聞くと「軽いぎっくり腰です。明日は仕事します。」と言っていました。

なんでも、朝、顔を洗おうと屈んだら、「ぎっくっ」ときたそうです。

お大事にどうぞ…。

実は、僕も若い頃(30代まで)は、定期的にぎっくり腰をやっていました。

重い症状のときもあれば、軽いときもありました。

今は、ケアをしているのでぎっくり腰になりません。

何を変えたら、ぎっくり腰にならなくなったか?

そこらへんを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ぎっくり腰になる原因は?改善法は?

ぎっくり腰になる方の多くは、重い荷物を持ったとか、悪い姿勢で無理をしたなどと、ぎっくり腰になった原因を分析してます。

でも、違います。

重い荷物を持ったとか、悪い姿勢で無理をしたというのは、きっかけに過ぎないんです。

それらは真の原因でありません。

少なくとも、僕の場合は違いました。

僕のぎっくり腰の原因は、お酒と体の硬さでした。

東洋医学の考え方では、「腰」と「肝臓」は深い繋がりがあるそうです。

肝臓が疲れると腰に異常が出ます。

そこに、加齢や運動不足で腰の軟骨が硬く状況が重なると、ちょっとしたことでぎっくり腰になります。

小さな力でもダメージを受けてしまうんですよ。

「えっ、これでぎっくり腰」と思うような事態になります。

暴飲して肝臓が弱る、運動不足で体が硬くなる、そこへちょっとした無理な力がかかる

これが、ぎっくり腰を起すカラクリです。

なので、肝臓を労わって、日頃からストレッチや柔軟運動をしていると、ぎっくり腰とは遠い関係になります。

考え方を変えることです。

「重い荷物」や「無理な姿勢」でなく、「肝臓」と「柔軟性」なんです。

思考回路が変わると生活習慣が変わります。

ぎっくり腰の根本原因を明確にし、しっかり対処したら、びっくり腰と無縁になりました。

僕のぎっくり腰改善体験談です。

軽いぎっくり腰でも辛いものです。

根本解決が大切だと思います(^^♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑