好きな事だけして生きる秘訣、権力に従わない、諂わないことから

公開日: 

2015年も残すところ10日となりました。如何お過ごしですか?

さて、2016年の話題ですが、どんな年になるのでしょうか?

僕は、さらに二極化が進むと感じを受けています。「自由へ向かって駒を進める人々」と「制約されて苦しい生活を送る人々」の差が一気に開くと思います。

「どちらが良いか?」決まっていますよね。自由に好きな事だけして生きる方が良いに決まっています。

今回は、好きな事だけして生きる秘訣について少し話をします。

「好きな事だけして生きる秘訣とは何ですかね?」

「朝起きたら会社へ行かず好きな遊びをすることですか?」

違います。「宝くじ当たったら…、朝から晩まで好きなことをして…」という思考の方は、実は自由になれません。

好きな事だけして生きる生活を実現するために、一番重要なことは権力に負けないということです。権力に従わないことです。これが僕の結論です。

自分の本当の気持ちにフォーカスして、本当の気持ちの通りに発言し行動します。すると、必ず権力とぶつかる場面が来ます。その時に権力に従わないことです。権力者に諂わないことです。これが好きな事だけして生きる生活への第一歩です。

はじめは小さなことからで構いませんので、権力に従わない、権力者に諂わないことから始めます。

例えば、会社員であれば社長や上司への胡麻すりを止めます。自分が良く思われたいという想いから、裸の社長や上司に向かって「今日の洋服は素敵ですね。とってもお似合いになります」とやる行為を止めることです。

デンマークに「裸の王様」という童話がありましたが、それをやったら駄目ですね。権力者に諂えば、貴方は鎖で繋がれることになります。自由を失って行きます。

自由を手に入れることは、宝くじを当てることではありません。権力に従わない、権力者に諂わない精神を築くことからです。これ社畜脱出の肝です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑