僕は8年前、43歳で社畜をやめました。

公開日:  最終更新日:2016/01/26

otoko500-350

僕は8年前、43歳で社畜をやめました。

カッコよく言うと脱サラし起業したのですが、実態はそんなものではありません。

ある時、「もう、サラリーマンなんてやっていられない!」と半分衝動的に退職届を出しました。次の職の当てもなく会社を辞めました。

妻と小学生に子供が2人いましたが、自分の内なる声を信じました。自分の本当の気持ちを大事にした訳です。

僕は、大学を卒業後、大手電機メーカーへ就職しましたが、その時から管理されるのが嫌いで、会社員には向いていませんでしたね。

管理されるのが、とにかくすごーーーく嫌いです。

人間はもっと自由であるべきだし、自由の中にいるからこそ、良いアイデアも生まれてくると思います。

それに、会社や上司の損得勘定の下で管理されていても、大した仕事はできないと感じていました。

若いうちは、世間も分からなし、実力もないので、人の下で修行することも必要だと思いますが、一人前のなって、他人に管理されることはないですね。

稀に会社員でも実力のある人は、管理されずに仕事していますが、僕は会社員に向きませんでした。

というわけで、8年前に社畜を辞めました。好きな事だけする人生に切り替えました。このブログでは、僕の脱社畜の生活を紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑