50代脱サラ、家族を養いながら、好きな仕事をする秘訣

公開日:  最終更新日:2016/11/10

人生一度きり、思ったことをすべき!!

man03_150
人生一度きりです。

思ったことをやらなければ、生まれて来た意味がありません。

「脱サラし好きな仕事をしたい!!」と思うのなら、絶対にその道を選ぶべきだと思います。

そうしないと後悔が残るだけです。

体が動かなくなってから「やっておけば良かったな…」と呟きたくはないものです。

50代なら、まだまだ余裕で脱サラできます。

僕はそう思います。

まずは、僕の脱サラ体験談です。ここが脱サラ成功の秘訣です。

>>【体験談】俺は43歳で脱サラした。50代の今、ウハウハだ~♪

ちょっと話が逸れます。

都知事選の話題です。

鳥越俊太郎さんが都知事に立候補しました。

鳥越俊太郎さんは1940年生まれの76歳です。

癌治療の経験もあります。

しかし、新しいことにチャレンジしています。

政策などについての話は別にして、とにかくチャレンジ精神は素晴らしいですよ。

スポンサードリンク

家族を養うことを考えると…、脱サラができない?

脱サラを考えた場合、家族持ちの男性の場合、「家族を養わなければならない」という問題に直面します。

当然だと思います。

妻や子供がいれば養うのは当たり前のことです。

ここを疎かすると、絶対に後悔します。

家族の将来のことも考えずに脱サラをするような人は、事業だって上手く行かないと思います。

重要なことは、問題解決する能力です。

自分の好きな仕事をし、且つ、家族を養う道を徹底的に模索することです。

何事も真剣に考え続ければ、良いアイデアが浮かんできます。

天も味方します。

運も付いてきます。

問題解決することに全力を注ぐことです。

そして、浮かんだアイデアを1つずつ実行することです。

脱サラ成功の秘訣です。

脱サラにリスクは付き物です

何をするのもリスクは伴います。

脱サラは高いリスクを伴います。

しかし、リスクを恐れていては、新しいことはできません。

チャレンジャーであれば、リスクを背負って、自分の道を進むだけです。

リスクを背負い、心からやりたい仕事をし、家族を養うことです。

すぐに上手くは行かない場合もあります。

しかし、試行錯誤して進む以外にはありません。

試行錯誤しているうちに、お金が付いてきます。

徐々に、生活が潤うようになります。

リスクを背負って思ったことを実践することにこそ、人生の醍醐味を感じるのだと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑